知っておきたい!上手な切手の保管方法とは?

まず切手をつかむためのピンセットを用意しよう

切手収集は非常に古くからある趣味なので、コレクションの仕方や保管方法は完全に確立されています。では、どのようなツールを使って保管するのかというと、まず重要なのがピンセットです。なぜかというと、切手をしまうときに直接手で触らないようにするためです。手には脂分がついていて、切手を触ることで汚れてしまったり、あるいはシミの原因になってしまうことがあります。これでは、いくら保管方法が丁寧であっても意味がないので、ピンセットを使って持つわけです。
ピンセットもなんでもいいというわけではなく、先が平べったくなっているものが切手用として使われています。先がとがっているものだと、切手をつかむときに力が一点にかかってしまって、あとがついてしまうことがあるからです。

整理しやすいストックブックと劣化を防ぐマウント

ピンセットとともに切手保管の必須ツールといえるのがストックブックです。厚紙にフィルム、あるいはグラシン紙と呼ばれる薄い紙が貼られていて、上から切手を入れられるようになっています。お金に余裕がある場合、ストックブックは、保管する切手のテーマごとに用意しておくといいでしょう。たとえば、日本の切手用のストックブックと海外の切手用のストックブックという風に分けておくのです。そうすれば、見返すときにわかりやすいです。
最近はストックブックのほかにマウントというツールがよく使われます。これは二枚の切手大のフィルムを貼り合わせたもので、中に切手を入れられるようになっています。切手全体を完全にフィルムで覆うことができるので劣化を防ぐことが可能です。

© Copyright Print Your Postage. All Rights Reserved.